マイコプラズマ肺炎の特徴

特徴その3. マイコプラズマ肺炎

この名前からすると1番強烈な肺炎のようにも聞こえますが、強烈なのはその感染力です。咳により痰や唾液が空気中に飛び散る“飛沫感染”で一気に流行するのです。

 

そして厄介なのは、高熱やしつこい咳の症状が出ていてもすぐにはマイコプラズマ肺炎を起こしていると診断されないことです。

 

飛沫感染

普通の風邪の薬を処方され、数日飲んでもあまりよくならず再受診し、薬を変えたりします。

 

それでもよくならない時に初めてマイコプラズマ肺炎を疑います。初診の時に血液検査をしたとしても、専門の機関でないと正確な結果が出ないため、1週間ほどの期間を要し、増々遅れをとる場合があります。

 

 

胸の雑音も聞こえにくいという特徴があり、見逃すポイントが多くあるのです。発症してから1週間もすると炎症も広がるので、レントゲンや胸の音により診断もし易くなってきますが、その期間患者さんは大変つらい思いをすることになります。

 

 

上記のような流れはあくまでも1例ですが、マイコプラズマは細菌とウイルスの中間的な微生物です。

 

それゆえ細菌性に効く抗生物質では全く効きません。飲んでも治らないはずです。マクロライド系の抗生物質を使う必要があります。

 





ではマイコプラズマ肺炎の症状をみてみましょう。

喉の痛みや鼻水、鼻づまり、そして37度前後の微熱もしくは39度以上の高熱が出ます。この時点では周りに流行がみられない場合、普通の風邪とよく似た症状です。

 

空気の通り道(気道)である呼吸器に感染し、上気道炎、咽頭炎、気管支炎、肺炎を起こします。

 

そして1番つらいのが、痰のからんだしつこく激しい咳です。大人が感染しても肋骨を疲労骨折するほどの咳が続くことがあります。解熱後も1か月咳が続くこともあり、なかなかのしぶとさです。

 

そんな中、乳幼児が感染してもただの風邪で終わり、小学生の時期の子どもだと肺炎になるそうです。免疫力の強いほうが肺炎になるという特徴を持っているのです。

 

ただし、繰り返し感染してしまうこのマイコプラズマは、乳幼児でも2度目以降には肺炎を起こし、重症化すると言われているので注意が必要です。

 

最も注意しなければならないのが、気管支喘息(ぜんそく)を持っている子どもです。この肺炎が引き金になり喘息の発作を併発し、薬の相互関係により治療に注意を要するからです。

 

他にも、肝機能異常などのさまざまなリスクも持っているので、黄疸や全身の倦怠感、けいれん、意識障害、赤い発疹やかゆみのある湿疹などの症状が出た場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。

 

 

これだけのリスクを持ちながら中には、「熱は微熱で激しい咳はあるが、比較的元気だ」ということもあるそうなので、感染、発症していても軽度ならば、感染者が近くにいることもあるので要注意です。